About cervical cancer
子宮頸がんの基礎知識

実は20代30代にかけて
発症率が急上昇

子宮頸がんは、若いからこそ、特に注意して欲しいがんです。がんに近い子宮頸がんの前段階(高度の前がん病変)を含めると20代〜30代の女性がもっとも罹患していて、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

出典:国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

急上昇のイラスト

原因は体質や遺伝じゃなく
“ウイルス”

子宮頸がんになりやすい体質や、遺伝はありません。子宮頸がんのほとんどは、性交渉を通してヒトパピローマウイルス(以下、HPV)というウイルスに感染する事が原因です。

一人の相手とだけのセックスでも感染のリスクはあり、生涯で8割以上ものリスクがあると言われています。つまり、性交経験が一度でもある女性なら誰もがかかる可能性のある病気です。

ウイルスのイラスト

少なくとも2年に1度は検診へ

HPV感染から子宮頸がんになるまでには、およそ5年から10年かかるので、定期的に子宮頸がん検診を受けていれば、がんになる前の状態で発見する事が可能です。

仮にがんであっても、初期ならばほぼ100%治す事が出来ますし、ごく早期に発見できれば子宮を残す事も出来ます。早期発見が大きな鍵となりますが、初期には全く症状がないことがほとんどで自分で気づくことはできません。そのため少なくとも2年に1度の定期検診が重要です。

検診のイラスト

子宮頸がん検診って?

一般的にいう子宮頸がん検診は、子宮頸部の細胞をおかしな形の細胞がないか顕微鏡で調べる検査(細胞診)です。この検査では、子宮頸がんのがん細胞だけでなく、がんに進行する可能性がある「異形成」といわれる状態の細胞を発見できます。

しかし子宮頸がんの原因がHPVの感染であることが明らかになるにつれて、子宮頸がんの原因となるHPVが子宮頸部の細胞内にいるかどうかを調べるHPV検査も開発されました。このHPV検査を細胞診と組み合わせて実施することで、検診の精度はさらに高まると言われていて、海外では併用検診やHPV検査で陽性の場合に細胞診をする国もあります。

子宮頸がん検診にかかるのは
30秒から1分!

細胞診、HPV検査のどちらも子宮頸部の細胞を採取して検査します。細胞採取の方法は、長いヘラやブラシのようなものを腟内から入れて、優しく撫でて子宮の入り口の表面の細胞を採取します。息を長く吐くことを意識して、リラックスしてなるべく力を抜くように心がけてください。そうするとあっという間に終わります。

検診費用には助成金も

子宮頸がん検診は自治体が行うがん検診や、健康保険組合で行う職域検診として受けることができます。多くの自治体や職場では検診費用を助成(全額または一部)しています。まずはお住まいの市区町村の状況をチェックしてみてください。

監修

横浜市立大学医学部 産婦人科学教室

主任教授 宮城 悦子 先生