About project

Blue Star Projectとは

一生、咲こう。

がんなんて関係ない。
そう思っている年齢が、
子宮頸がん年齢です。

仕事。家族。恋人。友達。
目の前のことに精一杯。

自分の体のことは、気にしたことがない。

そんな20代~30代女性のあいだで
子宮頸がんの発症率が急激に増えています。

このがんは、初めは自覚症状がなく、
自分で気づくことができません。

けれど、定期的な検診を受けていれば、
がんになる前に早期発見ができます。

毎日を安心して過ごせるように。
ずっと前を向いていられるように。

2年に1度、子宮頸がん検診に
行きませんか?

検診を受ける人を、咲き続ける人に。

プロジェクトをはじめた理由

10人に2人。

日本における子宮頸がん検診を受けている人の割合です。

このがんは、検診を受けていれば早期に発見でき、治療することができる病気です。

"もしこのことを多くの人に知ってもらえたら、子宮頸がんによって命を落とす女性をゼロにすることができるかもしれない"

そんな願いを込めて、ブルースタープロジェクトは企業の壁を超えて産まれました。

すべての人が健康でいられる社会の実現を、ITの力で目指すDeNAヘルスケア。

子宮頸がんから女性を守るために検査薬をつくるロシュ・ダイアグノティクス。

どんなに情熱を持っていても、私たちだけではこの大きなミッションをクリアすることはできません。

この文を読んでいる"あなた"の力が必要です。

毎日顔を合わせる家族でも、身近な友達でも、大切な人でも構いません。

私たちと一緒に、女性を守る青い花束を広めていけたら幸いです。

まずは、港町・横浜からスタートします。

DeNA HEALTHCARE

Roche

プロジェクト名・ロゴに込めた想い

すべての女性に「幸せを贈ること」をコンセプトに、幸せの意味をもつ"ブルースター"を女性(female)のシンボルと男性(male)のシンボルを合わせた"ブーケ"で包み込みました。

花束に乗せて、一人でも多くの女性に届きますように。

プロジェクト名・ロゴに込めた想い

ブルースタープロジェクト運営事務局

お問い合わせ: DeSCヘルスケア株式会社