人生にも、ベースメイクを。

人生にも、ベースメイクを。

Our Message
子宮頸がん検診は、
暮らしの土台をつくる。

毎朝、キレイの土台を
ベースメイクで整えるように。

日々の暮らしも、土台である
体のケアが大切。

すべての女性がいつまでも、
自分らしくいられるために。

2年に1度の子宮頸がん検診で、
自分の体を診てあげてください。

検診を受ける人を、咲き続ける人に。

そう願う、
ブルースタープロジェクトです。

About cervical cancer
子宮頸がんについて
あなたは知っていますか?

「子宮頸がん」の存在は知っていて、
なんだか怖そう…という印象はあるけど詳細は
知らない、という方がほとんど。
これだけは知っておいてほしいポイントを
3つにまとめました。

ウイルスが原因って
知ってた?

主な原因は性交渉によるウイルスの感染。ただし、感染しても自分の免疫力でウイルスに対抗できるので、発症するとは限りません。

ウイルスのイラスト

実は20代30代にかけて
発症率が急上昇

20歳を過ぎてから発症率が急上昇して30代後半でピークに。さらに20代30代の女性が発症するがんで、1番多いのも子宮頸がんです。
出典:国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

発生率のイラスト

自覚症状がないからこそ
定期的な検診が重要

初期ではほとんど自覚症状がないので、早期発見するには定期的に検診を受けるしかありません。最低でも2年に1回は定期的に検診を受診することが重要です。

検診のイラスト

Real voice
「わたし」にとっての
子宮頸がん検診

親しい友人や家族であっても、「子宮頸がん検診」について話す機会はなかなかないはず。
そこで20~30代女性のリアルな想いをうかがいました。

磯部 奈央

子宮頸がんも、若くてもなる病気のひとつ。
私は一年に一度、婦人科で定期的に検査を受けています。
手遅れになってしまうことがないように、定期的に検査を受けること、そして周りに呼びかけることも、大切な人の命を救うことに繋がるかもしれないと思うと、とても重要なことだと思います。

磯部 奈央

高井 香子

子宮頸がんと聞いて何となく知識がないから不安だな、と敬遠していた私。将来妊娠した時の不安ばかりが先行してましたが、定期的な検診で早期発見出来ると知り、このブルースタープロジェクトに参加する事を決めました。私と同じ悩みや不安を抱えてる方が子宮頸がんについて考えるキッカケになりますように!

高井 香子

実央

私は周りに子宮頸がんのひとがいたり、身近に感じたことで子宮頸がん検診を受診するきっかけになりました。一人でも多くの女性に関心を持ってもらいたいと思い、今回ブルースタープロジェクトに参加させていただいております。

実央

Support
あなたの大切な人たちにも
伝えてほしい
#ブルースタープロジェクト
投稿キャンペーン
第2弾

子宮頸がん検診の重要性を一人でも多くの方に知ってもらえるようインスタグラムの投稿キャンペーンを実施中。
あなたの大切な人たちにインスタグラムを通してブルースタープロジェクトを伝えませんか?

キャンペーン期間:
2019年11月1日(金)~ 2019年12月1日(日)

応募方法

  1. インスタグラムでブルースタープロジェクトの公式アカウント(@blstrpj)をフォロー
  2. 投稿テーマ「I☆(LOVE)YOKOHAMA(横浜の好きな場所や物など)」の写真を撮る
  3. ハッシュタグ「#ブルースタープロジェクト」をつけてインスタグラムに投稿
Wチャンスの応募方法:
ハッシュタグ「#ブルースタープロジェクトダブルチャンス」もつけてインスタグラムに投稿
  • ※当選された方には事務局よりダイレクトメッセージでご連絡いたします
プレゼントの景品画像

プレゼント

5,000円分の
オリジナルQUOカード

抽選で50名様

Wチャンスの景品画像

Wチャンス

横浜DeNAベイスターズが手掛ける【+B】の"ベースボールフラワー"アイテムいずれか1品

抽選で10名様

第3弾キャンペーンを12月2日(月)~開催予定

Action
横浜市子宮頸がん検診が
受診できる施設を探す

横浜市子宮頸がん検診が受診できる施設をまとめました*。
2年以内に検診を受けていない方はまず、検診施設を探してみましょう。

【横浜市以外にお住まいの方へ】
横浜市の子宮頸がん検診は横浜市在住の方が対象です。
ご利用できる制度についてはお住まいの自治体にお問い合わせください。

検診施設を探す

検診施設のイラスト

*令和元年9月2日現在:横浜市ホームページ内「健診・検診実施医療機関」参照

Organization
共催

後援

OPEN YOKOHAMA

協力

YOKOHAMA DeNA BAYSTARS

監修

横浜市立大学医学部 産婦人科学教室
主任教授 宮城 悦子 先生

Blue Star Project